絶滅した広交表示

 広島交通路線バスの後部窓下には、「広島交通」と書いてありますが、その表示が「広  交」の旧タイプになっている車両がかつて存在しました。

 尚、比較的最近まで活躍していた車両の例は、事故廃車になってしまった、「広島 22 く 34-60」、新車(移籍車)との入れ替えと言う形で廃車となった「広島 22 く 32-53」や「広島 22 く 32-51」、最後まで活躍したのが「広島 22 く 34-55」があります。

 ちなみに、新規配備時は「広交」表記だった車両も後に「広島交通」に変えられた車両も多くいます(例;「広島 22 く 32-54」)。

広島 22 く 32-51【14年9月引退】

広島 22 く 34-55

広島 22 く 34-60【事故廃車】

資料室ニュース

 現在のところ、特にございません。

最終更新日

2017年9月29日